HOME > 活動紹介 >菜箸(さいばし)

はし(竹細工)

菜箸(さいばし)

ねらい

創作の喜びを味わい、豊かな情操を培う。
創作活動を通して、創意工夫の心を育てる。
自然にあるものを使った創作活動を通して、自然への興味・関心を深める。

時期

年間を通じて活動可能

準備

利用者が準備するもの
救急セット(必携)
自然の家で準備できるもの
材料…竹
用具…小刀、のこぎり、鉛筆、紙ヤスリ、なた
簡易救急セット

活動内容(展開例)

入所前日
までの準備
  • 引率指導者は、事前に活動班を編制しておく。
  • 自然の家職員と相談し、活動場所を決めておく。
  • 準備物の都合の為、利用者の人数を事前に自然の家職員に連絡する。
事前
  • 活動場所に移動し、集合する。
  • 材料、用具の移動、会場設営を行う。
活動
はし(竹細工)
  • 自然の家職員は、作り方、用具の使い方等について説明する。
  • 研修生は、作り方、用具の使い方等について説明を聞く。
  • 引率指導者は、作り方の注意事項、用具の使い方等について確認する。
  • 引率指導者、は研修生のけが等を防止するため指導にあたる。
事後
  • 研修生、引率指導者は用具の返却、周辺の清掃等を行う。

留意点

  • 引率指導者は用具でけがをしないよう、安全面に関して十分に注意する。
  • 引率指導者は責任を持って用具の片付け、返却、周辺の清掃等を行わせる。
  • ボンドが乾くまで、半日以上必要である。