HOME > 活動紹介 > 道草(朝・夕)ハイキング

活動紹介

道草(朝・夕)ハイキング

ねらい

自然を愛し、移りゆく四季の動植物を愛する豊かな人間性を培う。
森林浴による健康増進を図る。

時期

年間を通じて活動可能(ただし、天候等により左右されることあり)

準備

利用者が準備するもの
帽子、タオル、水筒、軍手、ナップサック、雨具、救急セット(必携。殺虫剤等も含む)
自然の家で準備できるもの
無線機、簡易救急セット、笛、背負いひも

活動内容(展開例)

入所前日
までの準備
  • 引率指導者は、ルートを実地踏査し、コースの状況、安全を確認する。
  • 自然の家職員はルート、活動上の注意点等について指導する。
事前
  • 引率指導者は、目的地、ルートについて確認する。
  • 引率指導者は、活動上の注意点(危険な行動、緊急時の対応、自然保護等)について確認する。
  • 引率指導者は、人数確認、活動班の構成、健康状態、服装、準備物について確認する。
  • 引率指導者は、ルート、人数、活動開始時刻等を自然の家に連絡する。
活動
道草(朝・夕)ハイキング
  • 研修生の人数、体調等を把握しながら活動する。
  • 隊列がくずれることがないよう、無線機で連絡を取り合い活動する。
  • 休憩ポイント、人数確認及び健康状態について確認する。
  • 休憩ポイントでは、水分補給、行動食の摂取を指導する。
  • 体調の悪い研修生、けが等が発生した場合は、速やかに状況を把握し、応急処置を施す。また、自然の家所員と協議し、対応を講じる。
  • 天候が急変した場合は、速やかに自然の家所員と協議し、 対応を講じる。
  • 下山前には、特に安全確保について指導する。
事後
  • 引率指導者は終了時には、人数確認、健康状態を確認する。
  • 自然の家職員は、終了時刻、研修生の状態を自然の家に連絡する。

留意点

  • 目的、研修生の体力等を考えてルートを決定する。
  • 開始前、活動中、終了時には、確実に、人数確認、健康状態の確認を行う。
  • 場合によっては、待機する引率者(1名以上)が必要です。
  • 事故、天候の急変等の際の対応については、事前に十分な指導を行う。
  • 自然愛護につとめ、動植物の採集、損傷について注意する。
  • ゴミを捨てないように持って行った物は全部持ち帰る。
  • 季節により、害のある動植物が発生するので、必ず周知しておく。